6/25 目指せ かかりつけ薬局

 5/29 初老の男性が目薬を購入に来店されたので症状を伺いました。

客 「最近 歳のせいか、左目は真ん中あたりが黒くなって見えない。」
私 「それは市販の目薬では治らないので、すぐ眼科を受診して! 

患者向けの「緑内障パンフレット」で ひととおり説明して、近隣眼科の
診療時間を確認し、すぐに受診して貰いました。

予想がハズレて飛蚊症くらいなら良いのだが…と思っていたら…
6/25に この方が再来店。 この日は処方箋を御持参でした。

客 「先日、私の左目の異常を察して、『すぐ眼科受診するように』と
   言ってくれたので受診して来ました。 その眼科では対応できなくて
   紹介状を書いてもらい、名古屋の病院で治療を開始しました。
   パンフレットで説明してくれたとおりでした。 どうもありがとう。」

時間を割いて病識まで説明したので緊急性に気づいて貰えたようです。

でも、スムースに治療開始できたのは、私の言葉に傾聴された「素直さ」が
あってこそ。 世の中「俺はいい!」「私は大丈夫!」って方も大勢です。


画像


6/30 小雨の中を、今度は「チョッと相談を…」と初老の女性が来店。

客 「不安症から、他の薬局で安定剤を調剤して貰っていたんだけど、
   先月からジェネリック品に替わった途端に、効き目が悪くなったん
   です。 再診時に先生に申し出たら『同じ成分だから気のせいだ』
   って言われちゃって…高くてもいいから最初のを売って下さい!」
私 「安定剤は処方箋が無いとダメなんです。 調剤を受けた薬局で相談
   されては如何でしょう? この薬は当薬局でも、別の方で同様な
   訴えがあって、疑義照会(医師への問合せ)で元に戻りましたよ。」

この後、ジェネリック品について少々説明もさせてもらいました。 気のせいで
済ませる先生も、調剤した薬局も問題です。 患者の声に傾聴してますか?

コチラの方は、その後どうなったのでしょうか? 気になるところです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ハマちゃん
2015年07月22日 23:01
人のアドバイスは素直に受け入れましょうという事ですよね。私も見習わなければ…
タカさん
2015年07月22日 23:54
ハマちゃん
御来場ありがとうございます。
「大ごとになると怖いから」と受診を
嫌う方も大勢です。
薬剤師相手なら気軽かも? 相談だけ
ならタダ。痛い注射もありませんし、
歯を削られたりもしませんから (^^♪

この記事へのトラックバック